英語OSという考え方

OSって何?

OSはパソコン用語でOperating System(オペレーティング システム)の略です。
ハードウェアやアプリケーションソフトウェアをコントロールします。
このOSシステムがインストールされていないとパソコンは起動しません。
OSがないとパソコンはただの空っぽの箱にすぎないのです。

英語OSってある?

では英語にOSがあるのでしょうか。
答えは、『あります。』

英語OSとは英語を理解したり、表現するのに最も基礎的な英語力のことです。将来の英語力の土台になるものです。基礎力がないところに大量の英語の情報が流れ込むとそれはただの暗号になってしまいます。学習初期に遊びながら楽しく将来の英語力の土台を身につけましょう。P.E.P.(ペップ)英語教室では受験に左右されない小学生高学年に英語OSを学習するのが最適であると考えています


英語OS≒英語力のコア(核)

英語OSの4つの領域

@英語音に慣れる

英語特有の音を体得して、アルファベットを音声化する力の土台作りをします。
音を聞く→聞き分ける→模倣する→アルファベットと音を結び付ける

息を吐いて声を出す、声を出さないで息だけ出す、舌の位置や口の形に意識を向けるなど、英語特有の発音の訓練をします。P.E.P.(ペップ)英語教室の生徒は英語の授業が終わると、『舌が痛くなる』と言います。
英語の音に慣れたら、今度は音とアルファベット文字を関連させて基本的なフォニックスのルールを学習します。カードでいろいろな単語を作って遊びます。
音ー意味ースペルを同時に習得することで単語力がメキメキアップします。

A基本英文法を学んで英語感を身につける

文法は第2言語として英語を学ぶ場合絶対に必要です。
学習初期に文法の骨格部分を感覚としてとらえられることは将来の詳細な文法学習の土台になります。たとえば語順です。英語は語順(言葉の並べ方)が規則正しく決まった言語です。

Mika likes Takoyaki.
(ミカはたこ焼きが好きです。)
Takoyaki likes Mika.
(たこ焼きはミカが好きです。) ???
言葉の位置を入れ替えると、意味が全く違ってきます。

音声訓練をして英語の語順が自発的に言えるようにします。

日本語では考えられないような英語の特徴に着眼点を置き、具体的な説明や楽しい英語活動を通して、知識でなく感覚として身につけます。

B主体的に使える英単語を増やす

時間や月日、数式など聞いてさっと反応できる、発話できる、色を見て何色かを英語で素早く言える、 動詞を使って文章が作れる、感情を表す言葉(形容詞)が気持ちともに出てくるなど、主体的に使える単語を増やしていきます。

学校英語に影響されない小学生は、絵辞書(Picture Dictionary)を教材として使います。
単語は無理やりスペルを覚えるのではなく、『英語でどういうのだろう?』と言葉に興味をもつことが、大切です。

C会話を楽しむ

P.E.P.(ペップ)英語教室は、小学生は、教材として『質問と答えの会話集』を使い、繰り返しそのダイアローグを聞き、文章を暗唱します。しかし機械的に文章を暗唱するのではではありません。実際に会話をして覚えるのです。

ひとり一人が発言することが大切です。
たとえ短い文章でも思っていることが話せたら楽しいです。
知っている言葉で思っていることが言えたら嬉しくなります。


P.E.P.(ペップ)英語教室が少人数にこだわるのは、会話を楽しむためなのです