『モットやりたい!』を英語で育む!スキグリッシュ!

もっとやりたいと思う瞬間、心が動きます。続けたくなります。そして、お子様の成果につながります。
スキグリッシュの詳細はこちら
講師、片岡典子メッセージ。『モットやりたいは、
「得意━得意でないコト」「好き━好きでないコト」どちらにもあります。PEPがやりたいのは「モットやりたい→得意→好き」
の循環を創ることなんです。』教室ブログでは、教室の最新のお知らせや英語学習のことを書いています。 教室ブログへのリンク